2008年09月

ここは、2008年09月 のページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、友人の結婚式に参加するために東京に帰ったときのこと。

家に着いたのは20日の土曜日の18時ごろ。
それからあまり休むことなく、
地元の連中と飲みに出かけた。

普通に居酒屋に入り、
今の状況、昔のことなどをネタに楽しい時間を過ごしていた。

久しぶりに会っても変わらないうちらの関係と会話。
生きているって実感する瞬間だ!
成長してないって言われたらそれまでだけど。。。


本当はもっと店に居たかったけど、
「2時間で終了となります。」って
最初に入店した時に言えよって感じだ。

とりあえず、店の外に出てもしばらくは話していたら、

事件勃発!!!


自分たちより明らかに若い兄ちゃん二人組みがこっちにやってきた。
こっちは4人

ピンクのシャツ「誰だよ!唾吐いたのは?頭出せよ!!!」
うちら「???」
明らかに酔っ払ってる様子。
その前も薄々こっちみて叫んでる奴がいるなぁ~って思ってたけど、
完全に無視してた。

30も過ぎてケンカを買うほど元気でもないので
「唾も吐いてないし、見てないよ~」
ってなだめてると

もうひとりの好青年風のポロシャツ兄ちゃんが
「見てないんですか?」
それでこっちは「見てないよ!勘違いだよ~」

ってこれで終わると思ってた。。。

もう一人後からやってきて(通称:チョーカー)
俺の隣に居た友達と揉め出した。
チョーカー「口の聞き方がなってねぇんだよ」
チョーカー「いくつだよ?」
友達「30だよ!」

今時、年なんか関係ないだろ~って思ったので
「年なんかいいんだよ、もう終わったんだよ!」って間入った。

これで終わると思った。

まだピンクのシャツが何か言ってるので
そっちを振り向いたら

チョーカーが友達の胸ぐら掴んでた!!!
友達はその手を払おうと手を掴んだ!!!

やめろよな!って思った途端。。。

一番冷静だった好青年風のポロシャツが
「俺の後輩(もしくは兄弟)に何やってんだ~」
って友達を殴りかかってきた!

そしたらピンクも流れ込んでその友達のところに襲いかかってきた。

友達はチョーカーとも揉めてたので
3対1で殴られ始めた。

すぐに間に入って「やめろ~~~」
って止めて入ったら
向こうの仲間がぞろぞろ出てきた。
こっちの倍はいる。
ボコボコにされるかなって覚悟した。。。


後から来た連中はケンカする気もなかったみたいで
間に入ってくれたけど、
最初の三人はまだ収まりついてない様子。

別の友達が速攻で警察に電話して2,3分後に
おまわりが一人やってきた。。。
この人数で一人かよってツっこんだ!

すぐに一人じゃ無理なことに気がついて応援を呼んだ。

友達の顔は殴られた後や引っ掻き傷のようなもので痛々しかった。


向こうの一番偉そうなのが
「面倒くせぇよ」
って連発しながら既になってるけど
何とか警察沙汰にしないようにしようとしていた。

殴られた友達は納得いかなかったので全然折れる気配なし!
それなら俺も応援するしかない!
まぁ、ありのままを言うだけ。
それで友達に「妥協するなよ!面倒でもとことんやれ!」って言ってやった。

その後、すぐ近くの交番で事情聴取。
自分も質問されたがありのままを伝えた。

結局、交番でも収まりつかないので警察署の方に
友達と好青年風のポロシャツが連れて行かれた。

そのポロシャツも最初にいた二人をかばって自分がやったってことを
最初に言ったのに急に態度を変えてきた。
それをおまわりも聞いてたはずなのに。。。

使えん!

しかも他の二人はいつのまにか逃げていた!
最初にきたおまわりも顔を見てるはずなので
問い詰めたら逆ギレして
「居たのは分かるけど、あれだけ人がいたら全部見切れないよ!」

最初っから状況聞いてもっと人呼べよ!!!
とりあえず落ち着いて
「とりあえずポロシャツから逃げた二人のこと聞いてください」
って言ったら
「聞くけど、向こうが知らないって言ったら終わりなんだよ」

知らないわけ無いだろ!
ホントに使えん!って思った。

警察署に友達が連れて行かれてから
ひとり帰ったけど、もうひとりの友達と自分の実家に帰った。

それから警察に連れて行かれた友達から連絡が入って、
今から病院に行くことになったので
自分らも病院に向かった。

この時すでに4時を回っていた。。。

診察を終えた友達は顔よりも手が痛いって言っていた。
怪我した友達を家まで送って、そのまま泊めてもらった。

ホントそいつにとっては災難な一日だった。

こいつが絡まれるのを見るのは今回で3回目だ・・・

ポチポチっと!
スポンサーサイト
9月23日に友人の結婚式に参加するために東京に帰ります!
出発は20日で帰りは24日。

仕事が忙しい中、スンマセンm(__)m

でもこればかりはね・・・

新婦も知ってるし、10年ぶりに会う人とかもいるから
これは出ないとマズイでしょ!

楽しみ♪
だけど着るものが無い。。。

とりあえず兄貴のを借りよう。
でもきっとダサダサなんだろうな。

見てからレンタルにするか決めよう!


余興とかもしないとイケないかな???

共通の先輩に聞いたら
「人の迷惑も考えろよ。」
って返ってきたから
「その言葉そっくり返します!」
って返したら
「呑めよ」
って返ってきた。。。怖い。


とりあえず本人に
「もし間が持たなければカラダ張るよ!
 脱げといわれたら脱ぐよ!」
ってメールしたら
「脱げ」
ってだけ返ってきた。


どうしよう。。。
とりあえず腹筋からやっとくか。

ポチポチっと!
その時の状況・環境によって
歌が
曲が
妙にシンクロするときがある。

そんな時は鳥肌が立ったり、
急に涙がこみ上げて来る!

チャリで通勤中にウルってきて、
チャリで良かったなって思う。

不思議だ???

昔からこういうことが良くある。
映画より泣ける。

英語で歌詞の意味がよく分からないものでも来るときがある。


人間の五感のうちのひとつに響くからなのか、
歌詞が自分の状況に近いからなのか、
その時のバイオリズムに曲が波長してるからなのか、
理由は分からないけど、
音楽のチカラってすごいと思う!

落ち込んでる時にくら~い曲を聴けば余計暗くなるし、
機嫌が良いときにノリノリの曲を聴けばさらにテンションがあがる。

音楽に詳しいわけでも
才能があるわけでもないけど
音楽とは死ぬまでずっと付き合っていくんだろうなって思う。

よくテレビの番組やニュースで長寿の方が出てる時に
音楽をかけて嬉しそうにしてるシーンを見かける。

人には音楽っていうDNAが組み込まれているかのようだ。

ポチポチっと!
タイトルでも書いてますが、、、

・ただのバカな人
・バカになれる人

どちらもバカになってるのですが、
大きな差がそこにはあります。

まぁ、似たような話は聞いたことあると思うけど
最近それを再認識。

何の結果も残さず、やってることを努力したとかほざいてる(俺)。

「ただのバカだとは思わなかった。」
って人に言われて再認識。

その人のことは尊敬してるし、嫌いじゃない。
むしろ大好き。

その大好きな人から言われると余計に凹む。

やるべきことは分かってるんだけど、なかなかねぇ~。。。
勇気が無いとか、
優柔不断とか、
その辺の言葉がぴったりくる。

人のことは結構言うタイプなのに
自分のこととなると尻込みする。
最低だな~(-_-;)

こういう経験って貴重だなって思う。
自分がどう思われてるかで自分の欠点が判る。
こうズバッと言ってくれる人がどれだけ大事な存在かが解る。

いい方向に持ってかないとイカン!

バカになれる人になろう!

ただのバカだなって思う人もいるけど、
お笑い芸人って尊敬できる人がいっぱい!

北野武さんとか明石家さんまさんとか。
知性と教養を感じる。

ポチポチっと!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。